Home

Menu

Loading wiki pages...

View
Wiki Version:
<h4>研究メンバー</h4> <p>| |名前|所属(2019年度)| |:--:|:--:|---| |1|中村大輝|広島大学大学院教育学研究科 D1| |2|雲財 寛|日本体育大学大学院教育学研究科 助教| |3|松浦拓也|広島大学大学院教育学研究科 准教授|</p> <hr> <h4>学会発表履歴</h4> <ol> <li>雲財寛・中村大輝(2017)理科における認知欲求と批判的思考の関係に関する基礎的研究, 日本教科教育学会第43回全国大会, 北海道教育大学, 2017年9月9日.</li> <li>中村大輝, 雲財寛(2017)理科における認知欲求尺度の精度に関する基礎的研究 ―項目反応理論に基づく分析を通して― , 日本教科教育学会第43回全国大会, 北海道教育大学, 2017年9月10日. <a href="https://www.slideshare.net/DaikiNakamura/2017-79606995" rel="nofollow">https://www.slideshare.net/DaikiNakamura/2017-79606995</a></li> <li>雲財寛・中村大輝(2017)理科における認知欲求に関する基礎的研究, 平成29年度第5回日本科学教育学会研究会(若手活性化委員会開催),宇都宮大学, 2017年12月16日. <a href="https://doi.org/10.14935/jsser.32.5_121" rel="nofollow">https://doi.org/10.14935/jsser.32.5_121</a></li> <li>中村大輝・雲財寛(2018)科学的認知欲求尺度の作成―項目反応理論とベイズ推定を用いて―, 日本教育心理学会第60回総会, 慶応義塾大学, 2018年9月17日. <a href="https://confit.atlas.jp/guide/event/edupsych2018/subject/PG36/detail?lang=ja" rel="nofollow">https://confit.atlas.jp/guide/event/edupsych2018/subject/PG36/detail?lang=ja</a> </li> </ol> <hr> <h4>論文(査読あり)</h4> <ol> <li>雲財寛・中村大輝(2018)「理科における認知欲求尺度の開発」『科学教育研究』42(4), 301-313. <a href="https://doi.org/10.14935/jssej.42.301" rel="nofollow">https://doi.org/10.14935/jssej.42.301</a></li> <li>中村大輝・雲財寛・松浦拓也(2021)「理科における認知欲求尺度の再構成および項目反応理論に基づく検討」『科学教育研究』45(2), 215-233. <a href="https://doi.org/10.14935/jssej.45.215" rel="nofollow">https://doi.org/10.14935/jssej.45.215</a></li> </ol> <hr> <h4>関連ページ</h4> <p><a href="https://daiki-nakamura.shinyapps.io/IRT_GRM_NFCSE/" rel="nofollow">理科における認知欲求尺度の推定アプリケーション</a></p>
OSF does not support the use of Internet Explorer. For optimal performance, please switch to another browser.
Accept
This website relies on cookies to help provide a better user experience. By clicking Accept or continuing to use the site, you agree. For more information, see our Privacy Policy and information on cookie use.
Accept
×

Start managing your projects on the OSF today.

Free and easy to use, the Open Science Framework supports the entire research lifecycle: planning, execution, reporting, archiving, and discovery.